第1回は2007 年5月例大祭に頒布開 始された。正しいタイ トルは単に「東 方M-1ぐらんぷり」というが、分かり易いように「第 1回東方M-1ぐらんぷり」と呼称することが多い。これが好評を博し、続編として同年12月冬コミに「第 2回東方M-1ぐらんぷり」が頒布開始。この2作品は音声のみだったが、さらにその1年後の2008年12月冬コミには、「第 3回東方M-1ぐらんぷり」として公式に絵や動画がつき、同人DVDとしてコ ミックマーケット等で頒布。以降、2009年12月の「第 4回東方M-1ぐらんぷり」、2010年12月の「第 5回東方M-1ぐらんぷり」と、毎年の冬コミにて頒布 が行われるシ リーズとなり、同人DVDとしてコ ミックマーケット等で頒布、または同人系専門店で委託販売されてい る。

企画製 作を担当したらんてぃ氏(森 近霖之助の声も担当)によると、「企画の発端は『ス カーレット姉妹漫才を見てみたいなぁ・・・』とい うアホな 発想から始まりました(笑)」とのこ と。

毎年恒 例の作品として名高かったが、2011年12月の「第 6回東方M-1ぐらんぷり」の頒布をもって「い えろ~ぜぶら」は解散したため、本シ リーズ事実上終了した。

第6回M-1コメン タリーでは「新体制『い えろ~ぜぶら』をつくる」という発言があったが、その後「CDに収録されているコメンタリーはに入る前の未編 集部分であり、実際の解散後の各個の活動についてはまったくの白紙状態」ということが本家サイト内にて明 らかになった。よって本作内の情報は古いものであるため誤解のな いよう注意。